業務提携のお知らせ

2022/1/4

技術革新とDXで、百年続く太陽光発電の実現を目指す、ヒラソル・エナジー株式会社(東京都文京区、代表取締役:李旻、以下、ヒラソル)は、太陽光発電所の評価やコンサルティング当の活動を通じて太陽光パネル及びシステムの信頼性向上に寄与することを目指す合同会社PVSQマネジメント(神奈川県川崎市、代表社員:守田賢吾、以下、PVSQ-M)と、太陽光発電所の評価を通じた太陽光発電所の安定運用により、国内外のカーボンニュートラル目標達成へ寄与するため、業務提携したことをお知らせします。
PVSQ-Mは太陽光発電システムのリスク評価などに信頼性評価などに強い専門性を持ち、太陽光発電所に関するコンサルティングやリスク評価、保険アドバイス、手配などを手掛けています。ヒラソルは東大発のIoT技術と独自のAI技術を用いて、太陽光発電所の発電量評価から初期負担不要の成功報酬型の再生サービスを手掛けるテクノロジーベンチャーです。
両社の提携によりリスク評価から再生実行までワンストップ且つ最適なソリューションの提供が可能となります。

既存太陽光発電所の発電量評価やリスク評価に不安を感じる、プロジェクト全体のリスク管理や発電所の維持管理に不安があるなど、太陽光発電所のお悩みがあれば、是非ご連絡ください。

詳細は下記リリース文章をご覧ください。

https://3c9dcdd2-7142-48f2-9183-cf62dde27fcc.usrfiles.com/ugd/3c9dcd_1c78f0296b984ef1baef7e0c4740e3d8.pdf